プロフィール

RIMG0106.jpg

 

1センチほどのガラスのビーズを ひとつひとつ手作りしています

手元のガスバーナーでガラスを溶かして ゆっくりと形にしていきます

 

この方法は現代では「バーナーワーク」と呼ばれています

 

古代からあるガラス工芸技法ですが 

ガスバーナーが無かった時代にはランプで溶かしていました

だから昔は「ランプワーク」と呼ばれていました

いまでもそう呼ぶことがあります

 

ヴェネチアガラスによるものが有名ですが 当店では 

やわらかな色合いが持ち味の 日本の伝統工芸ガラスを使っています